ログイン(エキサイトID) | 新規登録(無料) | ヘルプ

エキサイトブロガー特集vol.42 「いちごを煮つめる甘い香り」のckichenさん 

2011年12月08日07時01分


旬のフルーツを使ったスイーツや素朴な焼き菓子をはじめ、キッチンいっぱいに広がるおいしい幸せをつづった、「いちごを煮つめる甘い香り」のckichenさん。ウーマンエキサイトの「おいしい!」にもたびたび登場し、とても参考になるオリジナルレシピが注目されています。小さいころからお菓子作り&料理が大好きだったというckichenさん。家族や友人の喜ぶ笑顔のためにていねいに心をこめてスイーツ作りを楽しんでいます。そんなckichenさんに、おいしいスイーツ作りのコツ、おすすめのレシピを紹介していただきました。

ckichenさん

東京都在住。夫と二人暮らし。子どもの頃に料理やお菓子作りに目覚める。文化服装学院を卒業後、アパレルメーカーなどでデザイナーとして勤務し、今春結婚を機に退職。二度のワーキングホリデーではヨーロッパの20都市以上を歩き、ヨーロッパの家庭料理に興味を持つ。その時の体験をつづったブログ「今日の パリは、」も運営。

☆ブログ「いちごを煮つめる甘い香り

旬のスイーツから手作りパンまで、おいしい幸せを日々楽しむ―「いちごを煮つめる甘い香り」のckichenさん



「お茶の時間には私の手作りのお菓子が並びます。家族や仲間
とおしゃべりを楽しんだり、ほっとひと息つける大切な時間です」

―ブログをはじめたきっかけは?

もともと記録を残す、という作業が好きなのだと思います。小学生の頃は毎日日記をつけていましたし、高校卒業の春休みに手作りのお菓子のレシピ本を作ったことがありました。
スケッチブックに色鉛筆でレシピを書いて、写真を貼っただけのとてもシンプルなものでしたが、小学生の頃からお菓子作りが好きだったのと、写真にも興味があったので、それはそれは楽しい作業でした。
社会人になってからは、料理も写真もそれぞれ楽しんでいましたが、ブログが流行るようになって、自分から発信するというスタイルに興味があり、高校生の頃のレシピ本作りの楽しさを思い出して挑戦してみたのがきっかけです。

―ブログをはじめて生活は変わりましたか? 反響はいかがですか?

ブログで記録を残すという作業によって、以前よりも毎日を丁寧に過ごす気持ちが強くなったような気がします。慌ただしく過ぎて行く毎日の中で、自分と向き合う時間を作ることで、心の余裕ができるのかもしれませんね。
今度はどんなレシピを作ってブログに載せようかしら、といつも新しいものを探してわくわくしています。

―パンまたはスイーツ作りをはじめたきっかけは?

子どもの頃から共働きの両親に代わって家族の夕飯を作ったり、近所にケーキ屋さんやパン屋さんのない田舎で育ったので、おなかがすくと自分でおやつを作って食べていました。
遊びのひとつとしてお菓子作りを楽しんでいた記憶の、“お菓子作りやパン作り、料理は楽しい!”という気持ちが今に繋がっているのだと思います。自分で作ることが何より好きで、おいしくできたらまた作りたくなるし、好きな人たちにも食べてもらいたいと思う、その気持ちは今でも大切にしています。

―パン作り、あるいはスイーツ作りをする上での一番のこだわりは?

家族が増えた今、一番こだわっていることは、体に良くないものはできるだけ使わずに、旬の食材を使って丁寧に作るということです。体に良くないものとは、たとえば、材料名によくわからない成分が入っているものなどで、それらは買わないようにするなどです。それから、体に良い成分が入っているもの、たとえば砂糖は白糖よりも三温糖を選びます。
それに食事やおやつは毎日のことですから、できるだけコストを押さえた中で、体に良いものを選んで心を込めて作ることをいつも心がけています。


(左)好きで集めているカフェオレボウル。「たっぷりのカフェオレや紅茶を注いだり、フィナンシェやビスコッティを焼いた時にご
ろっと入れるのにも便利です」
(中)スコーンは同じ型で焼いても毎回違う形になるのがおもしろいところ。「作る工程の一つ一つが楽しいお菓子作りは、リラッ
クスな時間でもあります」
(右)食事に合わせてパンを焼くのも楽しいひととき。これはパン・ド・ミ。「ホームベーカリーで1次発酵まで行うので簡単です。
焼きたてのパンの香りが好き。これからはインスタントドライイーストの他にも、興味のある天然酵母をパン作りに積極的に取り
入れていきたいです」





いちじくのタルト。「季節のフルーツを使ったタルトが大好きでよく
作ります。フィグの種のプチプチという食感が好きです。これから
秋には、りんごやショコラをたっぷり使っておいしいタルトを焼き
ます。あ~、楽しみ」


―どのような記事(レシピ)をあげるとアクセスが増えますか?

アクセス数に関しては毎日チェックしていないのでわかりませんが、これはおいしくできたし、写真もばっちり!という記事にはコメントをいただくことが多い気がします。
たとえば、ウーマンエキサイトの「おいしい!」に掲載されたレシピなどは、アクセス数が伸びている気がします。掲載記事はこちらにまとまっています。
そういう時は自分が楽しんで、わくわくした気持ちで料理やスタイリングをしていますから、作る側の気持ちが記事に反映されて、読者の方に届いているのだと思います。温かいコメントをいただけるとうれしいですね。


―パンまたはスイーツを美味しく仕上げるためのコツは?

パンとスィーツに関しては、とにかくこれはレシピをしっかり守って丁寧に作ることが一番大切だと思っています。時間と心に余裕を持って作ったものは、失敗が少ないように感じます。
それからおいしいものを食べて味を知ること、今まで出会ったことのない新しい味を知ることも、わくわくするおいしいものを作る上では大切な要素ですね。
それと見た目のおいしさも大切です。おいしそうにきれいに作られた物は食べたいと思いますよね。
それにはたくさんのアイディアが必要です。毎日インターネットでレシピを検索したり、お気に入りのブロガーさんの記事に目を通したり、本や旅先での情報収集も欠かせません。海外のスーパーのレシピカードはスタイリングの参考になるので冷蔵庫に貼っています。
日々おいしいものを作りたいという研究心こそが、おいしいものを作っていく力になるのだと思っています。
そして何より大切なのは、丁寧に心を込めて作ること。自分のためでも、家族のためでも、友だちのためでも、心を込めて作った料理は必ずおいしいものです。食べることを大切にしている人は、毎日を丁寧に生きている感じがして、とても素敵だと思います。

―今後の夢、展開について教えてください。

ヨーロッパの家庭料理にとても興味があります。まだまだ知らない街の知らない食べものがたくさんあります。いつまでも元気で旅をして、旅先でたくさんのおいしいものに出会いたいです。そしてその味を自分の手で作って、家族や仲間に食べてもらいたいですね。
新しいお菓子やパンや料理を作るときはとてもわくわくした気持ちになれます。この気持ちを子どもの頃から変わらず、これからもずっと持ち続けていきたいです。
そして、このブログをおばあちゃんになっても続けていられたら素敵ですね。

―おすすめのパン屋さんまたはスイーツショップを教えてください。

東京では、「Le Pain Quotidien」がおすすめです。ベーカリーレストランですが、パンやスィーツなどの販売も行っています。オーガニック素材にこだわったかわいらしい商品が並ぶショーケースは、見ているだけでも楽しい気分になれますし、職人さんたちがパンを作っているところも見ることができるので楽しいです。朝一番に長テーブルに座ってプチ・デジュネとカフェをいただくのもいいですね。


(左)ランチにぴったりのシェーブルのチーズとトマトとブラックオリーブのキッシュ。「サラダやスープを添えれば立派な食事に。
生地を多めに作って冷凍しておけば食べたい時にすぐに作れるので、いつも生地は2倍の量を作って冷凍しておきます」
(中)今が旬のメロンとヨーグルトのアイス。「簡単にできて、暑いときにぴったりの爽やかでジューシーな味がお気に入りです」
(右)クランベリーを練り込んだスコーンにバターやジャムを塗って。「クロテッドクリームがほしいけど、これでも十分おいしい」


ckichenさんからご提供いただいたレシピ




タルト   キッシュ   スコーン   アイスクリーム   サブレ   ホームメイド   スイーツ   パン  

ピックアップ

今日のランキング

  1. いつものいちごマフィン
  2. カフェムース
  3. 紅玉のシャーベット
  1. くるみパン
  2. 生クリーム入りレーズンパン
  3. 赤ちゃんのミルクパン

通報

記事の内容・コメント等に、著作権違反や名誉毀損、個人情報漏洩、公序良俗に反する疑いのあるものがありましたらご連絡ください

ピックアップ

このサイトに掲載された作品のレシピの写真や手順を複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.