ログイン(エキサイトID) | 新規登録(無料) | ヘルプ

ブロガー特集 vol.36 「お菓子教室 『Salon du Gateau』 Sweets diary」のsalon-du-gateauさん

2011年12月02日08時01分


見ただけで「わ~素敵!」とうっとり!食べたら美味しい幸せににっこり! 目も心もときめくようなスイーツ作りを楽しむ「お菓子教室 『Salon du Gateau』 Sweets diary」のsalon-du-gateauさん。自宅でも美味しいお菓子が作れると評判のお菓子教室を主宰しています。この季節ならではのバレンタインのスイーツ、春に向けた旬のスイーツまでいろいろ教えてくれます。今回は、そんなsalon-du-gateauさんに、美味しいスイーツ作りのコツ、バレンタインにおすすめのレシピを紹介していただきました。

salon-du-gateauさん

OL時代に習いはじめたお菓子作りに魅力され、結婚&出産後に『ル・コルドン・ブルー』にてフランス菓子ディプロム取得。2004年より自宅でお菓子教室『Salon du Gateau』を主宰。家庭でも教室と同じお菓子が作れることを第一のコンセプトに。お菓子作りはもちろん、テーブルセッティングやプレゼント用のラッピングまで、トータルに紹介する教室が好評を得ている。

☆ブログ「お菓子教室 『Salon du Gateau』 Sweets diary

とってもおしゃれで素敵!目も心もときめくようなスイーツが人気!―「お菓子教室 「Salon du Gateau」 Sweets diary」のsalon-du-gateauさん



バレンタインレッスンの応用コース「ショコラ・ショート」。
生チョコクリームをたっぷりと使った人気のケーキ。

―ブログをはじめたきっかけは?

ホームページを覗いてくださるお菓子教室の生徒さんに、楽しんでいただけたらうれしいなと思い、ブログをはじめました。ホームページよりも、ブログの更新のほうが手軽に更新できますし、読んでくださっている方から直接コメントをいたけるのもうれしいところです。

―ブログをはじめて生活は変わりましたか? 反響はいかがですか?

ブログ更新がすっかり生活の一部になりました。
更新には時間がとられるので、はじめる前よりも忙しくはなりましたが、読者の方に見ていただき、反応していただくとやはりうれしくて、張り合いができました。お菓子作りにもさらに熱が入るとともに、忙しいほうがかえって家事もはかどったりしています(笑)。
また、ブログをはじめてから写真の楽しさを新たに発見しました。気に入った写真が撮れるとうれしくて、早く更新したくなってしまいます(笑)。更新する時間を確保するのが大変ですが、無理のない程度に時間のやりくりをしています。
それと、ブログを見てくださった方からお菓子教室への問い合わせも多くいただくようになったり、いろいろな教室に参加すると「ブログ、いつも見ていますよ」なんて、初対面の方から声をかけていただくこともあり、うれしく思っています。

―パンまたはスイーツ作りをはじめたきっかけは?

小さい頃から料理やお菓子作りが大好きで、母の持っていた料理の本などを勝手に読み、あれもこれも作ってみたいと想像を膨らませたりしていました。
初めて作ったお菓子は大好きな親戚のお姉さんと一緒に手作りしたパウンドケーキ。毎年夏休みにお姉さんの家に遊びに行くたび、パウンドケーキやクッキーなどいろいろなお菓子を教えてもらい、お菓子作りの楽しさを発見しました。
結婚してからも家で続けられる何かを探していた時、昔から好きだったお菓子作りが浮かび、OL時代に思いきって習いはじめたところ、「手作りでこんなに美味しいお菓子が作れんだ!」ということに感動。それからすっかりとりこになりました。

―パン作り、あるいはスイーツ作りをする上での一番のこだわりは?

見て、食べて、心もときめくようなお菓子を作ることです。
お菓子を仕上げていく時のわくわく…。ときめく感じがお菓子作りをしていて一番楽しいひと時です。そんなときめきを感じられるお菓子作りを目指しています。美味しそうなケーキを見て、美味しいケーキを食べて、みなさんにもときめきを感じていただけるようなお菓子作りを、私の教室でもできたらうれしいな、といつも心がけています。


(左)レッスンの準備中。スイーツに飾るフルーツも旬の新鮮なものを用意。
(中)バレンタインレッスンのプリザーブドアレンジ。「お馴染みのお花屋さんと相談しながら、イメージにあうアレンジを私が作成
しました。レッスンのテーブルに飾るお花は季節感を意識しながら毎月飾っています」
(右)教室では、ほぼすべての作業を生徒のみなさんと一緒に楽しく。




ベリーの季節ならではのベリー類をたっぷりと使った「シャ
ルロット・ルージュ」旬のフルーツはふんだんに飾って。

―どのような記事(レシピ)をあげるとアクセスが増えますか?

正直なところ、アクセス数はほとんどチェックしていないのでわかりませんが(笑)。ブログを見た生徒さんからは、家族のお誕生日ケーキなどレッスン以外で作っているケーキを載せると喜んでいただけているみたいです。

―パンまたはスイーを美味しく仕上げるためのコツは?

余裕を持って作ることでしょうか。材料や道具等は作りはじめる前に揃え、少しひと手間な作業も面倒がらずにていねいにやると、失敗なく美味しいお菓子が完成します。美味しいお菓子ができると作った疲れも吹っ飛びますから、さらに次にも美味しいお菓子が作りたくなり、好循環でさらに美味しいお菓子が作れるようになると思います。

あとは“失敗は成功の元”。私自身、失敗からたくさんのことを学びました。現在も学んでいますが、みなさんも失敗を怖がらず、ぜひたくさん失敗してください。

―今後の夢、展開について教えてください。

将来は小さくてもお店を持てたらいいな、と夢を膨らませています。ご近所の奥様がちょっとした手土産やプレゼント、おもてなしに選んでいただけるような焼き菓子、ご家庭で気軽に召し上がっていただけるケーキなど…。いつかはときめくお菓子の並ぶお店を持つことが今の夢です。
また、お菓子教室もさらに充実させていきたいですね。私の一番の原点はお菓子教室ですので、それはやはり一番大切にしていきたいと思っています。さらに皆さんに楽しんでレッスンを受けていただけるように、充実させていきたいです。

―おすすめのパン屋さんまたはスイーツショップを教えてください。

横浜市青葉区にある「ベッカライ徳太朗」 はどのパンもしっかりとていねいに作られていて、はずれなく美味しいです。
ケーキ屋さんは自由が丘の「パリセヴェイユ」です。こちらも、どのお菓子にもシェフの心意気を感じられ、シェフのていねいな仕事ぶりが伺えます。


(左)お菓子の注文もご要望に応じて作成。「焼き菓子のご注文はこんなギフトBOXでお届けさせていただきます。教室のロゴ
はイラストレーターの方に作っていただきました」
(中)こちらも人気のバレンタインレッスンの「ムース・ショコラ」。「今回はいちごなどを飾り、お誕生日ケーキに仕上げました」
(右)おしゃべりにも華が咲く楽しい試食タイム。「お菓子や季節にあったテーブルコーディネートの中でお菓子をご試食していた
だきます」


salon-du-gateauさんからご提供いただいたレシピ




ホームメイド   バレンタイン   チョコレートケーキ   ベリーケーキ   カップケーキ   ショートケーキ  

ピックアップ

今日のランキング

  1. いつものいちごマフィン
  2. カフェムース
  3. 紅玉のシャーベット
  1. くるみパン
  2. 生クリーム入りレーズンパン
  3. 赤ちゃんのミルクパン

通報

記事の内容・コメント等に、著作権違反や名誉毀損、個人情報漏洩、公序良俗に反する疑いのあるものがありましたらご連絡ください

ピックアップ

このサイトに掲載された作品のレシピの写真や手順を複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.