ログイン(エキサイトID) | 新規登録(無料) | ヘルプ

ブロガー特集 vol.26 「Tarte aux Pommes @神戸」のhisaeさん

2010年12月01日18時01分

普段の生活に個性をトッピングして、自分らしい毎日を楽しむホームメイドの達人が多く利用しているエキサイトブログ。そんなエキサイトブロガーの中から、人気のスイーツ&パンブロガーをご紹介するエキサイトブロガー特集第二十五弾。今回も読者に人気のブロガーに登場していただきました。

自家製のオレンジピールやコンフィを使った焼き菓子をはじめ、季節感を大切にしたスイーツがとっても美味しそう! ケーキの中に入れる一つ一つの素材や天然酵母はすべて手作りするというこだわりに、ていねいな仕事ぶりを感じる「Tarte aux Pommes @神戸」のhisaeさん。あたたかみを感じるお菓子を見ているだけで、「心がほっこり和みます」と読者に評判のhisaeさんに、美味しいお菓子作りのコツを教えていただきました。

hisaeさん

東京文化服装学院卒業後、神戸のアパレルメーカーでデザイナーを経験。結婚後、趣味のケーキ作りを生かして、アンティーク雑貨とケーキのカフェを開店。現在は閉店。二人の子ども(25歳の娘と23歳の息子)が独立し、自宅で不定期のケーキ教室とケータリング、お料理教室を主催。

☆ブログ「Tarte aux Pommes @神戸

すべての素材を一から手作り!心がほっこり和む焼き菓子が人気―「Tarte aux Pommes @神戸」のhisaeさん



キッチンテーブルでは、ケーキのラッピングも大切な作
業。きれいな箱とリボンを選ぶのも楽しい時間。


―ブログをはじめたきっかけは?

もともとケーキ作りが大好きでしたので、趣味のケーキ作りと、写真を撮る楽しみを、みなさんへ「発信したい」という気持ちではじめました。それに、ブログなら遠くに住む友だちともまたつながることができていいな…と、考えたからです。

―ブログをはじめて生活は変わりましたか? 反響はいかがですか?

はい。ブログをはじめて7年目ですが、日本だけでなく、海外にお住まいの方からもコメントやメールをいただき、帰国した時に逢いに来てくださったりして、友だちの輪が広がったことがうれしですね。
また、ブログがきっかけで、ケーキのオーダーなどをいただくようにもなりました。

―パンまたはスイーツ作りをはじめたきっかけは?

中学生のころからケーキを作るのが好きで、友だちとのパーティーや、家族の誕生日などに焼いて、とっても喜んでもらったことがうれしくて…。それからずっと自己流でお菓子を創作しています。
憧れのお菓子研究家は、藤野真紀子さんです。彼女の本はずいぶんと参考にさせていただきました。現在は、子どもたちが独立したので、家でケーキ教室なども開いています。

―パン作り、あるいはスイーツ作りをする上での一番のこだわりは?

すべて手作りということでしょうか。ケーキの中身に入れるものなどは、ほとんど一から手作りにこっています。例えば、小豆を焚くとか、オレンジピールや柚子ピール、しょうがのコンフィーなども自家製にするとか、パンを作るときは天然酵母を自分で起こす…といった感じに。すべて初めから自分で作ることで、より安心して食べられますし、美味しく感じられるからです。


(左)美味しいケーキ作りに、材料の準備はしっかりと…。
(中)自家製キャラメルや、ワインとぶどうジュースで煮込んだ無花実。「素材を一から手作りするのが私の基本です」
(右)天然酵母を起して作ったのの字のロールパン。





ジュエリーフルーツケーキ。「グリーンレーズンと、自家製
オレンジピールをマスカットワインで漬け込み、キャラメル
ベースの生地で、パウンドケーキを作りました」


―どのような記事(レシピ)をあげるとアクセスが増えますか?

季節にあった素材をテーマにしたお菓子ですね。秋ならりんごとか、冬ならチョコレート…といった感じで、旬を大切にしています。
特にこれからの季節はバレンタインにちなんだもの。今回下のレシピでご紹介しているバレンタインのガトーショコラは、私が20年以上焼き続けている定番のレシピです。ケーキのお客様にも好評なので、あえて気取らず、焼き菓子の好きな私らしいレシピにしてみました。
また、「神戸はスイーツの街…」という印象なのか、神戸という言葉を入れたスイーツの時は、アクセス数がぐんと増える傾向にありますね。

―パンまたはスイーツを美味しく仕上げるためのコツは?

材料の準備をしっかりとして、ていねいに作業を進めることです。あせった気持ちでいたり、慌てている時などは、失敗することもあります(笑)。やはり穏やかな心で作業をすることが、美味しいお菓子作りにつながると思います。また、うまくできないお菓子は何度も何度もチャレンジして、自分流に作り上げることも美味しく作るコツかなと思います。

―今後の夢、展開について教えてください。

15年ほど前、アンティーク雑貨とカフェのお店をしていたのですが、体調不良で閉店してしまいました。でも、今は子どもたちも独立し、私も自分のペースでお菓子作りを楽しめるようになったので、また、のんびりとスイーツカフェが再開できればいいな…と思っております。
そして、これからも心がほっこり和むお菓子作りを続けていけたらいいなと思います。

―おすすめのパン屋さんまたはスイーツショップを教えてください。

JR灘駅近くの「こちみのパン屋さん かて」。天然酵母のパンが美味しい、神戸でも隠れた名店です。もちもちとした食感で、日にちが経つほど美味しい食パンが味わえますよ。
JR芦屋にある「パティスリーPlein 」もおすすめです。小さいお店ですが、洗練されたパリ風のケーキと焼き菓子が美味しい、おしゃれなショコラのお店です。どれも美しく完成度の高いお味です。


(左)中にフェーブが入ったガレット・デ・ロア。フランスでは1月になるとパティスリーやブランジュリーは、このお菓子であふれる。
(中)旬のりんごを乗せて焼き上げたシナノスイーツのタルトタタン。
(右)毎年りんごが出回る秋から冬になると作る、薔薇のアップルタルト。

hisaeさんからご提供いただいたレシピ




ホームメイド   タルト   スイーツ   ガロット・デ・ロワ   天然酵母パン   タルトタタン   フルーツケーキ   バレンタインショコラ  

ピックアップ

今日のランキング

  1. ホットケーキミックスとお豆腐のレ...
  2. オーブンいらず! *バナナオムレット*
  3. シンプル バニラ風味クッキー
  1. ロシアの黒パン
  2. しっとりパンの基本のパン生地
  3. 生クリーム入りレーズンパン

通報

記事の内容・コメント等に、著作権違反や名誉毀損、個人情報漏洩、公序良俗に反する疑いのあるものがありましたらご連絡ください

ピックアップ

このサイトに掲載された作品のレシピの写真や手順を複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.