ログイン(エキサイトID) | 新規登録(無料) | ヘルプ

ブロガー特集 vol.23  「Bon appetit!」のkaikoさん

2009年12月09日08時01分

普段の生活に個性をトッピングして、自分らしい毎日を楽しむホームメイドの達人が多く利用しているエキサイトブログ。そんなエキサイトブロガーの中から、人気のスイーツ&パンブロガーをご紹介するエキサイトブロガー特集第二十三弾。今回も読者に人気のブロガーに登場していただきました。

小さいころ、お母さんが作ってくれたあたたかい思い出がつまったお菓子作り。今度は家族のために、ママの味めざしてお菓子作りを日々楽しむ「Bon appetit!」のkaikoさん。大好きな焼き菓子をメインに、旬のフルーツを使った美味しいスイーツがいっぱい。ふたりのお子さんも笑顔になる、そんなスイーツ作りのコツを、kaikoさんに伺いました。

kaikoさん

神戸市在住。夫と二人の子どもの4人家族。大学卒業後に1年間製菓専門学校に通い、お菓子作りの基礎を学ぶ。その後、少しだけケーキ店で勤務。現在は家事・育児をするかたわら、趣味のお菓子作りを楽しむ毎日。

☆ブログ「Bon appetit!

大好きな焼き菓子を中心に手作りするスイーツは、心もHotなママの味!―「Bon appetit!」のkaikoさん



「息子の3歳の誕生日ケーキ。見た瞬間に『ヘンリー!』
とすごく喜んでくれました。私にとってもいい思い出です」

―ブログをはじめたきっかけは?

息子の成長記録を書きとめるために、2007年12月からはじめました。もともとお菓子作りが好きだったので、いつのまにかお菓子の記事が増え、今ではすっかりお菓子やパンが中心のブログになってしまいましたが(笑)。いつか子どもたちがこのブログを読んだりするのかな?と思うと、なんだか照れくさいですね。

―ブログをはじめて生活は変わりましたか? 反響はいかがですか?

はい、変わりました。昔からよくお菓子は作っていましたが、こんなに頻繁ではなかったのです。
でも、手作りしたお菓子をブログに載せていろいろな方にコメントをもらえるのがうれしくて、どんどん作ること、撮ること、載せることにはまっていきました。好きなことにはとことんのめりこむ性格なので、今やブログは私の生活の一部になっています。

ブログを介さなければ知り合えなかったたくさんの方々と交流することができ、作ることはもちろん、子育てに関してもたくさんの叱咤激励をいただきました。すごく感謝しています。また、中には実際にお会いすることができた方もいて、全国にお友だちがいるような錯覚に陥っています(笑)。これからもこのご縁を大切にしていきたいですね。

―パンまたはスイーツ作りをはじめたきっかけは?

母がお菓子作りの大好きな人で、学校から帰るとよく手作りのおやつを用意してくれていました。「ただいま」の代わりに「おやつは~?」と叫びながら玄関の戸を開けるような子どもでした(笑)。
そのころは、食べるのが専門だった私ですが、次第に母と一緒にお菓子を作るようになったのが、お菓子作りのきっかけですね。作ってみたらその楽しさに目覚め、もっと深く知りたいと思うようになりました。
大学へ進学したものの“お菓子を学びたい”という気持ちが変わることはなく、卒業後に専門学校へと通いました。大好きなことを思いっきり学べる、あれほど楽しい一年間はありませんでした。その後現場で働きましたが、労働環境についていけず…。長続きしなかったのですけどね。

―パン作り、あるいはスイーツ作りをする上での一番のこだわりは?

こだわりというものは特にないのですが、自分が作りたいものを楽しみながら作っています。私の場合、素材にこだわってより美味しいものを、ということにはあまり興味がなくて、「旬の果物を使ったり、身近な材料で自分好みのお菓子を作りあげること」が楽しいですね。
あとは、「下準備は抜かりなく!」ということくらいでしょうか。まだ子どもが小さいので、作っている途中で中断させられることもしばしばあります。でも、私の性格上、やると決めたらやらないと気がすまなくて…。次の日に作りたいものがあると、前の晩、子どもを寝かしつけた後に計量や型の準備など、あらかじめやっておけることはやっておきます。もちろん、いくら準備万端でも、どうにも予定どおりにいかないことも多々ありますけどね。お菓子やパン作りにおんぶ紐は欠かせませんね(笑)。


(左)最近お気に入りのバターケーキ「ミュスカ」。焼き上がりにたっぷりとミュスカワインを。
(中)楽しいクッキー作り。雨が降って外に出られない日は、親子でよく一緒に手作りすることも。
(右)毎年紅玉の季節になると作る、りんごとさつまいものタルト。




「苦手なナッペですが、いちごの季節になると一度は作りたく
なります」

―どのような記事(レシピ)をあげるとアクセスが増えますか?

アクセス数を気にしたことはないのですが、休日よりも平日の方が見てくださる方が多い気がします。記事の内容というより、休日は出かけたりして、みなさんお忙しいのでしょうね。

―パンまたはスイーツを美味しく仕上げるためのコツは?

でき上がりをまずイメージし、それに近づけるように丁寧に作ることかなと思います。そのためには下準備をきちんとして、手順を頭に入れておくことが欠かせません。
そして、たとえ思い描いたように作れなくても、何度も繰り返し焼いて、頭と感覚両方でそのコツをつかんでいくことが大切だと思います。

―今後の夢、展開について教えてください。

夢といえるような大きなものではないのですが…、母がそうしてくれたように、私も子どもたちの思い出に残るお菓子を作っていきたいです。子どもたちが大きくなっても、「お母さんのあのお菓子が食べたい!」と言ってもらえるような。
あとは自分の好みのお菓子、自信を持って食べてもらえるようなお菓子を増やしていけたらいいなと思っています。おばあちゃんになっても大好きなお菓子を作り続けていきたいです。

―おすすめのパン屋さんまたはスイーツショップを教えてください。

京都にある「オ・グルニエ・ドール」。大学時代、頻繁にケーキ屋巡りをしていた頃に出会いました。こぢんまりとしたお店なのですが、初めて訪れたときの感動は今でもはっきりと覚えています。お店の雰囲気が素晴らしく、ショーケースに並ぶケーキたちがまるで宝石のようでした。
味はもちろん最高です!特に使ってあるフルーツの美味しさには感激しました。それ以来、すっかり虜になりよく通ったのですが、もうずいぶんとご無沙汰しているので、行きたくてたまりません。

神戸市御影にある「ダニエル」。ここのモンブランが母の大好物で、両親がこちらに来たときはよく買いに行っています。華やかなムース系が充実していますが、焼き菓子も美味しいです。家からわりと近いところにあるので、プレゼント用にするときにも利用しています。

西宮市甲陽園にある「ツマガリ」。焼き菓子がとにかく美味しいので、ぜひみなさんにも一度食べてもらいたいです。親しみやすく手作りの温かみが伝わってくるようなお菓子がいっぱいで、ひとつひとつのお菓子につけられたネーミングにも心が和みます。甲陽園の本店でしか売っていない生ケーキももちろん美味しいです。


(左)「エスコヤマ」(兵庫県三田市)の小山シェフのレシピで作ったマーブルショコラ。「だんぜん焼き菓子派な私ですが、
このケーキは本当に美味しかった!」
(中)みんなの大好物ドーナツ。「子どもがドーナツをほおばる姿がすごく好きです」
(右)母のレシピのチョコレートバターケーキ。「毎年誕生日に作ってくれた、思い出深いケーキ。これからもずっと作り続けたい
母の味です」

kaikoさんからご提供いただいたレシピ




タルト   クッキー   ドーナッツ   プリン   ホームメイド   スイーツ   チョコレートケーキ   ヨーグルト   バターケーキ  

ピックアップ

今日のランキング

  1. カフェムース
  2. 紅玉のシャーベット
  3. マロンとショコラのクグロフ
  1. ☆さつまいもあんぱん☆
  2. 生クリーム入りレーズンパン
  3. 赤ちゃんのミルクパン

通報

記事の内容・コメント等に、著作権違反や名誉毀損、個人情報漏洩、公序良俗に反する疑いのあるものがありましたらご連絡ください

ピックアップ

このサイトに掲載された作品のレシピの写真や手順を複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.