ログイン(エキサイトID) | 新規登録(無料) | ヘルプ

ブロガー特集 Vol.17 「Sweet Sweets Diary」のcreme-chocolatさん

2009年12月05日03時01分

普段の生活に個性をトッピングして、自分らしい毎日を楽しむホームメイドの達人が多く利用しているエキサイトブログ。そんなエキサイトブロガーの中から、人気のスイーツ&パンブロガーをご紹介するエキサイトブロガー特集第十七弾。今回も読者に人気のブロガーに登場していただきました。

女の子の夢があふれるとってもカラフルでキュートなスイーツを手作り。お子さんと一緒にトッピングを楽しんだり、お菓子の家を作ってみたり…。見ただけで「美味しそう!」「かわいい!」と読者に評判のスイーツを手がける、「Sweet Sweets Diary」のcreme-chocolatさん。通信教育のお菓子講座で習得した、美味しくて見栄えのするスイーツ作りのコツを教えていただきました。

creme-chocolatさん

夫と5歳の娘との3人暮らし。趣味は“心の癒し”にもなっているスイーツ作りと、写真を撮ること、簡単なソーイング、ピアノを弾くこと。娘のお稽古で音楽に関わる機会が増え、以前から好きだったクラシック音楽にさらに夢中になる日々。

☆ブログ「Sweet Sweets Diary

女の子のハートもキュンとなるカラフルでキュートなスイーツがいっぱい―「Sweet Sweets Diary」のcreme-chocolatさん



お気に入りの食器棚と、製菓材料をまとめて置いている
キッチンワゴン。「ここに立つのが幸せです」

―ブログをはじめたきっかけは?

5年近く前になりますが、娘が生まれて家にいる時間が増え、昼寝の合間にPCを開くようになったのがそもそものはじまりです(笑)。
ブログというツールもまだ目新しかった頃で、絵日記感覚で気軽につづれるところが面白そうだなと思い、「家でできるから」とはまっていた手作りお菓子の記録にしようという軽い気持ちではじめました。

―ブログをはじめて生活は変わりましたか? 反響はいかがですか?

はい、すごく変わりました。
当初は自分のための記録、というつもりで深く考えてはいなかったのですが、「見ていただける相手がいる」「作ったものについて感想を寄せてもらえる」という点がとてもうれしくて、面白くて! すっかりはまってしまいました(笑)。
また、見られていることを意識するようになったおかげで、スイーツやパンの見た目にも気を遣うようになりましたし、「よりキレイに写真を撮りたい」と思うようになりました。ブログを始めて数ヶ月の頃に一眼レフデジカメを購入してからは、ますますその思いが強くなったと思います。

―パンまたはスイーツ作りをはじめたきっかけは?

もともと甘いものが大好きで、出発点は小学生の頃のクッキー作り。その頃は“作る”こと自体が楽しくて、味とか見た目は二の次だったような気がします。
きちんと意識して作り始めたのは、やはり娘が生まれてからですね。家で作れる楽しみ、という以上に、「口に入るものだから、手作りできるものはしたい」と思うようになりました。
基本的に凝り性なので(笑)、はまるとスイーツ一直線…。まったくの趣味ですが、辻製菓専門学校の通信講座を受講して修了しました。それまでの疑問や謎が氷のように解けていく1年間で、とても面白かったです。特に同じ趣味の方とリアルに交流できたスクーリングは、受講のハイライトでした!
学校のサイトにもスクーリングレポートとしてブログを紹介していただき、いろいろと思い出深い経験になりました。

パン作りのほうは、ブログがきっかけではじめました。ブログで知り合った方たちが美味しそうなパンを焼かれているのに触発されて…。でも、自己流ではまったく思うようにいかなくて(苦笑)、パン教室にも通うことに。
こちらも凝り性ゆえ、マスタークラスを修了するまで続けました(笑)。その頃は育児の合間の息抜き、という意味合いも大きかったですが、今ではすっかり生活の一部になっていますね。最近はあまり頻繁には作っていませんが、たまに作ると癒されます。

―パン作り、あるいはスイーツ作りをする上での一番のこだわりは?

良い素材を使うこと。味の8割くらいは材料で決まるのではないか?と思うこともあります。何が良いものか…というと、基準はいろいろなのですが、一番は自分の好きなもの。「バターならこれ、小麦粉ならこれ、砂糖ならこれ」…という定番がたくさんあるのですが(笑)、そんな「自分の定番」で作ったスイーツを食べると本当に、幸せな気持ちになります。

それからレシピを守ること。スイーツの場合、細かいレシピにはそれなりに意味があるので、アレンジするにしてもまずは一度、必ずレシピどおりに作るようにしています。ただ、レシピとの相性もあります。簡単そうなものでも、いまいち好みの味ではなかったり…。そういう場合はすっぱり諦めて、別のレシピにのり換えてしまいます(笑)。


(左)“トッピング”がマイブームのお嬢さん。「クッキーもカップケーキも可愛くするのがうれしい様子。ただ、かなり大胆なデコレ
ーションです(笑)」
(中)ポップなカラーと小さめのサイズに惹かれて買ったシリコン型。「こういう色だと女の子受けするのでうれしい(笑)」
(右)思いつきで仕込んだフィユタージュにカスタードクリームとオレンジピールを合わせたひとくちパイ。「思いつくまま作ったわ
りに美味しくできて、得した気分です」




「製菓学校の課題で作って以来、我が家の定番となったバ
バロワ。バニラビーンズたっぷりの濃厚な味わいです」
シンプルなのでフルーツとの相性も抜群。

―どのような記事(レシピ)をあげるとアクセスが増えますか?

だいたいアクセス数は一定なのですが…、やはり手間をかけたスイーツの記事は、食事やパンの記事よりもアクセス数が多めだと感じています。スイーツ好きはやはり、スイーツ好きを呼ぶのでしょうか(笑)。

―パンまたはスイーツを美味しく仕上げるためのコツは?

そうですね、まず材料選びでしょうか。スイーツやパンは使う材料の数が少ないですし、料理のように調味料で微調整…というわけにもいかないので(笑)、できるだけ新鮮な材料を使うことが良い味につながると思います。
それから、パンもスイーツも「これだけは必ず」というポイントがあります。手ごねパンなら最初にどれだけしっかりこねたかで仕上がりも変わりますし、スイーツなら計量をきちんとすること、下準備を丁寧にすることも重要です。…あまりあれこれ言うと、「スイーツ作りって面倒そうね…」って言われてしまうのですが(苦笑)。

―今後の夢、展開について教えてください。

夢というほど大それたものではないのですが、まずは自分が納得できる味のスイーツレシピを増やしていきたい、と思っています。もちろん材料にもこだわって。それがいつか誰かの役に立てればいいな、と思います。

―おすすめのパン屋さんまたはスイーツショップを教えてください。

ケーキ屋さんでは、ここ最近私が大好きなのは、広島市にある「ムッシムパネン」。河沿いにあるかわいいお店で、生ケーキはもちろん、焼き菓子もすごく美味しいんです。夏季限定のようですが、アイスクリームも販売していて、イートインできます。昨年夏に食べたバラのアイスクリームの味が忘れられず…、娘と「今年も必ず行こうね!」なんて言っています(笑)。
あとはもうひとつ、これも広島市にある「無花果」。住宅街にぽつんとある小さなお店ですが、いつ行ってもお客さんでいっぱいです。ケーキはわりとベーシックで奇をてらわない印象のものが多く、老若男女問わず好かれる感じがします。こちらも席数は少ないですが、イートインできるスペースがありますよ。


(左)フィユタージュを仕込むのは秋から春先までのお楽しみ。毎年お正月用に作る「ガレット・デ・ロワ」の2番生地を使ったパル
ミエでティータイム。
(中)クリスマスに作ったヘクセンハウス。「娘の好きなキャンディーをたっぷり飾り、メルヘンチックにでき上がりました」
(右)料理上手の友人2人と毎月開催していた持ち寄りランチパーティー。「これはテリーヌがメインの会でした。ひとりが引っ越
してしまったのでただ今お休み中ですが、近いうちに再開したいです」

creme-chocolatさんからご提供いただいたレシピ




ヘクセレンハウス   ブラマンジェ   クッキー   ババロア   ホームメイド   スイーツ   パルミエ   パン   カップケーキ   パイ  

ピックアップ

今日のランキング

  1. ホットケーキミックスとお豆腐のレ...
  2. オーブンいらず! *バナナオムレット*
  3. シンプル バニラ風味クッキー
  1. ロシアの黒パン
  2. しっとりパンの基本のパン生地
  3. 生クリーム入りレーズンパン

通報

記事の内容・コメント等に、著作権違反や名誉毀損、個人情報漏洩、公序良俗に反する疑いのあるものがありましたらご連絡ください

ピックアップ

このサイトに掲載された作品のレシピの写真や手順を複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.