ログイン(エキサイトID) | 新規登録(無料) | ヘルプ

ブロガー特集 Vol.14 「*Happy Tea Time*」のsatoさん

2009年12月02日23時01分

普段の生活に個性をトッピングして、自分らしい毎日を楽しむホームメイドの達人が多く利用しているエキサイトブログ。そんなエキサイトブロガーの中から、人気のスイーツ&パンブロガーをご紹介するエキサイトブロガー特集第十四弾。今回も読者に人気のブロガーに登場していただきました。

とってもキュートなアイシングクッキーを飾ったバースデーケーキをはじめ、心をこめて作るていねいな仕事ぶりが伝わるスイーツの数々。お子さんへの愛があふれるクッキーやケーキは、見ているこちらまでにっこり! Happyな気分にさせてもらえます。今回は、そんな心あたたまるスイーツを手作りする「*Happy Tea Time*」のsatoさん。大好きな家族にはもちろん、お友だちからも大評判のスイーツ作りのコツを教えていただきました。

satoさん

息子(6歳)と夫と3人で広島の田舎に暮らす。趣味はお菓子作り、雑貨屋巡り、息子のための鉄道写真撮影。社会人になってからお菓子教室に通い始め、お菓子の魅力につかる。高校時代は柔道、結婚してからはカラテも習い、“強くて美味しくて面白いおかぁちゃん”を目指している。

☆ブログ「*Happy Tea Time*

とってもキュートでオリジナル感がいっぱい!幸せな時間を運んでくれるスイーツが魅力―「*Happy Tea Time*」のsatoさん



まお君の6歳の誕生日に作ったバースデーケーキ。
「何度もバースデーソングを歌って、ろうそく“ふぅ~”をして
前髪がちりちりになりました」

―ブログをはじめたきっかけは?

6年前、息子が極低体重で産まれ、9ヶ月間NICUに入院し、退院後は息子の体調面のことから、家庭でひきこもって暮らす日々を余儀なくされました。いろいろな心配事を抱え、毎日息子とだけ向き合って生活する中で、ちょっと息抜きをする世界も持っていたいなと思い、当時広まりつつあったブログを始めることにしました。
内容もお菓子のことをメインにして、あえて自分の趣味だけを考える空間にしました。当時の私にとって、ブログは数少ない社会との接点だったと思います。
お菓子を作ってブログにupして皆さんに見ていただき、コメントを受け取って…。そんなやりとりがとても嬉しくて、息子を寝かしつけ、部屋中のドアを閉めて玄関でミキサーを回してお菓子を作ったこともありました。
あまりにもブログに夢中になりすぎて、これではいけないなぁと思う時もありましたが、ブログをやっていたおかげでひきこもり生活も楽しく過ごせたように思います。今思えば、息子の成長ももっとしっかり記録しておけばよかったなぁと思ったりもしますが…。

―ブログをはじめて生活は変わりましたか? 反響はいかがですか?

はい、変わりました。あまり近くない親戚にもブログを見てもらうことによってメールや手紙をもらい、話をする機会が増えました。義姉や夫方のいとこにもエキサイトブログを勧めて一緒にブログをやっていくうちに、たくさん話をするようになり、とても仲良くなれました。
我が家の場合、親戚が近くに住んでいないので、おのずと話をする機会も冠婚葬祭や年賀状くらいだったりしがちなのですが、ブログがきっかけで「趣味が似てる!私もお菓子や雑貨が好きなの!」って盛り上がり、気がつけば友達のようになっていたり…。そういう輪が広がりつつあり、とても嬉しく思っています。
それから、ブログをやっていなければ出会えなかった大切なご縁から、とてもステキな友人がたくさんできました。海外に住むブロガーさんと夜通しチャットをして、お菓子の話で盛り上がったりもしました。「satoちゃんて、ひきこもって生活してるわりには、ワールドワイドだよね」って夫に言われることもありました(笑)。
昨年は、お菓子作りの様子やレシピを雑誌に掲載していただき、「人生一番の大珍事だ!」って大喜びしました。本当に夢のような出来事でした。
これも日々、「HappyTeaTime」に足を運んでくださるみなさまがいらっしゃるからだなぁ、と感謝の気持ちでいっぱいです。

―パンまたはスイーツ作りをはじめたきっかけは?

小さい頃からお菓子や料理を作ることに興味がありました。ただ、その頃はいり卵のようなカスタードを作ったり、消しゴムのようなパウンドケーキを作ったり…お菓子作りのセンスのかけらもありませんでした。
それでも、堂々とそんなお菓子を人にプレゼントしたりしていたので、今となっては皆さんに「申し訳ありませんでした」と、謝罪してまわりたいくらいです(笑)。
ですが、新卒で入社した時に先輩に連れて行ってもらった「お菓子教室」があまりにステキすぎて、教えてもらえる内容がとても本格的で勉強になり、一気にお菓子作りに対する興味や費やす努力、時間などが増えました。そのお菓子教室には今も通っていて、今年14年生になります。

―パン作り、あるいはスイーツ作りをする上での一番のこだわりは?

私がお菓子を作る時は人に贈る時か、息子のために作る時です。あ、夫にも作りますよ(笑)。大切な人の口に入るお菓子なので、安心な材料を使って作るようにしています。
「お菓子は無くても生きていけるけれど、あればとってもHappyになれる食べ物」だと思うので、食べる人も作る自分も「Happyじゃなきゃね!」って思います。楽しい気持ちで作ったお菓子はきっと食べる人も楽しくなれるんじゃないかと思っています。でも、実際のところはどうなのかなぁ?ってかなり心配ではありますが。

それから、作るお菓子に、ほんの少しでもオリジナリティを出せたらいいなと思っています。オリジナルレシピはあまりたくさん持っていないのですが、ラッピングにオリジナルのシールをつけたり、デコレーションなどに使う小物をクッキーやチョコレートで自作して飾ったり。「このお菓子ってsatoちゃんぽいよね」と言われるとすごく嬉しいです。



(左)贈り物の定番「ロミアス」。「キレイに焼くのはとても難しいけれど、みんなに必ず喜んでもらえるお菓子です」
(中)愛息子・まお君と一緒にクッキー作り。「オーブンの前から離れないのは私と一緒です(笑)」
(右)まお君の大好物のパンケーキ。「小さな手のひらにすっぽり入るサイズで焼きます。同じ大きさに焼いて高く重ねる
のは私のこだわり」



お茶の時間が楽しくなるように、独学でデザインカプ
チーノを勉強中。

―どのような記事(レシピ)をあげるとアクセスが増えますか?

あまり記事の内容によってアクセス数の変動はないように思います。でも、バースデーやクリスマスなどにワンホールケーキを作ってupした時は「すごいね~」「かわいかったよ~」ってたくさん反響をいただきます。コメント欄を閉じていてもメールでメッセージをいただくと、本当に嬉しくなります。

それから、土日祝は平日に比べてアクセス数が少なくなるので「みんなお出かけしてるのかな?」とか思ったりします。「お出かけしても、忙しくってもHappyTeaTime見なきゃ!」って思ってもらえるように楽しい記事をつづれたらいいな、と思っています。かくいう私も土日祝にオデカケをしてPCを開けられないことが多いのですが(笑)。

―パンまたはスイーツを美味しく仕上げるためのコツは?

スイーツの見た目そのものだけを完璧に美しく仕上げられたらいいのですが、私の技術ではまだまだなので、見た目の「雰囲気」を楽しめるように仕上げることを心がけています。おもてなしのスイーツは2、3種類作ってワンプレートに盛り、お皿の中に赤、緑、黄色などの色が必ずあることを心がけるようにしています。
また、チョコレートやクッキーなどで小物を作り、スイーツが絵本のように賑やかで楽しい雰囲気になるようにしています。
それから、お菓子作りでは「混ぜ」がとても重要だと思っています。生地に小麦粉を混ぜ合わせる時、卵白を泡立てる時、全卵を湯煎にかけて泡立てる時、生クリームを泡立てる時など…、その時々に見合った混ぜ方で、生地の状態を確認してお菓子を作り上げるようにしています。昔はその判断ができていなかったので消しゴムみたいなパウンドケーキができてたんだなぁと思います。

―今後の夢、展開について教えてください。

菓子製造販売の許可が取れるキッチンを持ちたい。そして、手作りのおやつや雑貨を販売する小さなお店を作りたい。
お菓子を作ることも大好きだけど、イラストや文章を書くことも大好きなので、お菓子にまつわるモノ書きになりたい。
などなど…妄想は膨らむばかりです(笑)。でも、これからもやっぱり、大切な人に喜んでもらえるお菓子を作り続けていたいです。

―おすすめのパン屋さんまたはスイーツショップを教えてください。

広島県の県北、三次市にある私の大好きなパン屋さん「MUGIMUGI」です。小さなお店ですが、並んでいるパンからは大きなパワーを感じます。寒い時期は雪深くなる地域にあるお店なのですが、吹雪で前が見えなかった日でも、大雪で車がスリップしそうになった日でも命からがらパンを買いに行ったことがあります。
それから、廿日市市(はつかいちし)にある「コンディトライ・フェルダーシェフ」もおすすめです。ドイツで修行されたオーナーシェフは日本人初のドイツ迎賓館の製菓部長を務められたこともある凄腕な方でいらっしゃいます。
ショーケースに並ぶ美しすぎるスイーツやパンにわくわくし、ステキな店内に胸がときめきます。ドイツDLG(ドイツ農業協会)国際食品品質協議会で銀賞を受賞したバウムクーヘンは絶品です。


(左)お友達の息子さんのために作ったバースデーケーキ。「お祝いのお手伝いをさせてもらえるお菓子作りは本当に嬉
しいですね」
(中)高校生の女の子と月に1回一緒にお菓子を作る日々。「若い感性にいつも刺激を受けています」
(右)庭で実ったいちごとその花をデコレーションに使ったレアチーズケーキ。「色合いがとってもかわいく仕上がりました」

satoさんからご提供いただいたレシピ




アイシングクッキー   ホットケーキ   デコレーションケーキ   レアチーズケーキ   バースデーケーキ   ホームメイド   シフォンケーキ   スイーツ   ロミアス   ブランマンジェ  

ピックアップ

今日のランキング

  1. ホットケーキミックスとお豆腐のレ...
  2. オーブンいらず! *バナナオムレット*
  3. シンプル バニラ風味クッキー
  1. ロシアの黒パン
  2. しっとりパンの基本のパン生地
  3. 生クリーム入りレーズンパン

通報

記事の内容・コメント等に、著作権違反や名誉毀損、個人情報漏洩、公序良俗に反する疑いのあるものがありましたらご連絡ください

ピックアップ

このサイトに掲載された作品のレシピの写真や手順を複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.