ログイン(エキサイトID) | 新規登録(無料) | ヘルプ

ファーブルトン

ブログに貼り付け
マイページに保存
このページをメールで教える このページを印刷する

by  林 周平(モンプリュ)さん

Copyr­ight ©monte­­r au plus haut du ciel

コメント

フランス・ブルターニュ地方に伝わる伝統菓子。フランの原形と言われています。もともとは、教会の祭事、日曜日に作られていたもの。だんだん、タマゴ、プラム、生クリームなどが加えられるようになりリッチになっていったお菓子です。

ポイント・コツ

小さなココットで焼いてもいいし、グラタン皿のような大きな器で焼いても楽しい。器には、生地に入れる前にバターとグラニュー糖を! 型離れがよくなって、きれいな形に仕上がります。

材料

【出来上がりの量】   直径8センチのココット8個分

作り方

  1. 1
    プラムのコンポートを作る。
    水にグラニュー糖を入れる。
  2. 2
    1にバニラ棒、シナモンスティック、レモンとオレンジの皮を1片を入れ沸騰させる。
  3. 3
    2にプルーンを入れ、再び沸騰させる。
  4. 4
    3を弱火で1~2分煮詰める。プルーンがあまりダンスしない状態でコトコトと煮詰める。
  5. 5
    4にラップをし粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ、1日寝かせておく。

    *ドライのプルーンの場合は前日から水に漬けて戻し、煮詰めるときは5~6分時間をかけるようにします。
  6. 6
    アパレイユを作ります。
    薄力粉、塩、グラニュー糖を合わせ、一緒にふるう。
  7. 7
    ボウルに入れた①の真ん中にくぼみを作り、そこにほぐした全卵を入れて混ぜる。
  8. 8
    2に牛乳と生クリームを注ぎ入れ、混ぜる。
  9. 9
    ラム酒を入れ、混ぜる。
  10. 10
    4を裏ごしする。
  11. 11
    焼きあげ。
    ココットの内側にポマード状になったバターを薄く塗る。
  12. 12
    塗ったバターの上にグラニュー糖をまぶす。
  13. 13
    一晩漬けていたプルーンを1/2にカットし、ココットに入れる。
  14. 14
    レードルでアパレイユを均等に入れる。
  15. 15
    180℃のオーブンで40~50分焼く。
  16. 16
    焼き上がったら、ココットから取り出し、お皿に盛り付ける。

コメント&レポート

ログインしてコメント&レポートしよう!

現在:0件

ピックアップ

今日のランキング

  1. ホットケーキミックスとお豆腐のレ...
  2. オーブンいらず! *バナナオムレット*
  3. シンプル バニラ風味クッキー
  1. ロシアの黒パン
  2. しっとりパンの基本のパン生地
  3. 生クリーム入りレーズンパン

関連レシピ

通報

記事の内容・コメント等に、著作権違反や名誉毀損、個人情報漏洩、公序良俗に反する疑いのあるものがありましたらご連絡ください

ピックアップ

このサイトに掲載された作品のレシピの写真や手順を複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.